Cocos2dx JenkinsでビルドしてTestFlightで配布を行うまでの手順 その2

raharu(仮名)(プログラマー)
これがダイバージェンス1%の先の世界か。。。

※iOSのデバックを行う際には年間8,400円のiOSデベロッパー契約が必要になります。

前回の記事で4,実機への確認テストまで完了していると思います。
今回はアプリケーションの開発を複数人で行う為にgitでバージョン管理を行います。
また、Jenkinsはgithubのリモートリポジトリのソースをビルドしますので
リポジトリへソースをpushするところまで行いたいと思います。

1,プロジェクトの作成
2,iOS Developerアカウントの作成
3,Provisioning Profileの作成
4,実機への確認テスト
5,Homebrewのインストール
6,gitインストール
7,githubアカウントの作成
8,リポジトリの作成
9,ソースをリポジトリへpush
10,Jenkinsのインストール&設定
11,Jenkinsでのビルド
12,TestFlightのアカウント作成
13,TestFlightのDistribution Listの作成
14,Jenkinsビルド後自動でTestFlightへアップロードする

5,Homebrewのインストール

注意点

※既にHomebrewをインストール済みの場合は必要ありません。
※HomeBrewはmac portsと競合しますのでmac portsをインストールしている場合先にアンインストールしておく事をおすすめいたします。

※mac portsをアンインストールする場合は
MacPortsからHomebrewに移住した記録
こちらを参考にアンインストールをおこなってください

※mac portsもHomebrewも入ってない場合は Homebrew — OS X用パッケージマネージャー
一番下のコマンドを打つだけです

6,gitインストール

注意点

※既にgitをインストール済みの場合は必要ありません。

1
2
3
4
5
6
$ brew install git

...snip

$ git --version
git version 1.8.3.

問題なくインストールできるはずです

7,githubアカウントの作成

注意点

※既にgithubアカウントを持っている場合は必要ありません。

GithubTOPページ
アカウントの作成を行います

8,リポジトリの作成

f:id:raharu0425:20140416002718p:plain

名前は適当にHelloWorldとでもしておきます。

f:id:raharu0425:20140416002730p:plain

特に問題なくリポジトリの作成ができると思います。 結果ページを開いたままにしておきましょう。

f:id:raharu0425:20140416002932p:plain

9,ソースをリポジトリへpush

1,プロジェクトの作成 で作成したプロジェクトフォルダの直下に移動します。 こんな感じのフォルダ構成になっているはずです

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
~/Desktop/HellowWorld$ ls -la
total 24
drwxr-xr-x  11 raharu  staff   374  4 16 00:33 .
drwx------+ 58 raharu  staff  1972  4 16 00:33 ..
-rw-r--r--   1 raharu  staff    23  4 16 00:33 .cocos-project.json
-rw-r--r--   1 raharu  staff  4339  4 16 00:33 CMakeLists.txt
drwxr-xr-x   6 raharu  staff   204  3 17 10:24 Classes
drwxr-xr-x   6 raharu  staff   204  3 17 10:24 Resources
drwxr-xr-x  13 raharu  staff   442  4 16 00:33 cocos2d
drwxr-xr-x  15 raharu  staff   510  3 17 10:24 proj.android
drwxr-xr-x   5 raharu  staff   170  4 16 00:33 proj.ios_mac
drwxr-xr-x   3 raharu  staff   102  3 17 10:24 proj.linux
drwxr-xr-x  12 raharu  staff   408  4 16 00:33 proj.win32

このフォルダ直下で

1
2
3
4
5
$ git init
$ git add ./
$ git commit -m "first commit"
$ git remote add origin git@github.com:raharu0425/HelloWorld.git
$ git push -u origin master

これでリモートリポジトリにソースがあがりました。

Githubでリポジトリの確認をしてみる

f:id:raharu0425:20140420134806p:plain

今日はこれまで、次回にはJenkinsとTestFlightの設定を行います