金の質感の描き方。(かぶと山流)

かぶと山(イラストレーター)
アニメ好き。

最近はアニメ「魔法少女育成計画」にどっぷりハマっている、かぶと山です。

さて、自宅パソコンのフォルダを見ていたら、質感の描き方にちょうどよさそうなファイルを見つけたので、 今回は自己流の「金の質感の描き方」を紹介したいと思います!

下準備

下準備

まず初めに形を取ります。 上の画像のだと、「髪」「頭」「胴体」「腕」などでレイヤーを分けています。

細かく塗り分けられる技術をお持ちだったり、マスクや線画があるからいいやって方は、パーツ分けはしなくても問題ありません。

塗り1段階目

塗り1

クリップレイヤーを上に作り、ざっくりと、金っぽい色を塗ります。 あまり馴染ませずに、ざっくり塗ったほうが、後でそれっぽくなる気がします。

塗り2段階目

塗り2

乗算レイヤーをさらに上につくり、暗い部分を塗ります。

ここも、ある程度ざっくりしてる方が、らしくなる気がします。

塗り3段階目

塗り3

さらに上に、SAIだと「発光レイヤー」、クリップペイントだと、「加算(発光)レイヤー」、Photoshopだと、何かそれっぽいレイヤーを作ります。

ぶっちゃけ、発光レイヤーを乗せれば、割と金属っぽくなります! 光ってる感じをイメージして、明るいところを描いていきます。

塗り4段階目

塗り4

上の状態だと、まだ塗りこみが甘いので、もう一度、乗算レイヤーで影を足します。 こっちの影は割と馴染ませる感じで。

塗り5段階目

塗り5

もう一度、発光レイヤーを重ねて、丁寧に光ってるところを描き込みます。

軽く影やディティールを書き足して、金の質感、完成です。

完成

完成

ちょっとだけコントラストを上げて、適当に背景を足しました。

私はこんな感じで描いています。
もし使えそうな箇所がありましたら、是非ご自身のイラストに取り入れてみてください!
(´◉◞౪◟◉`)