SpineのメッシュとパスとIKを混ぜて使ってみる

碇山(デザイナー)
動植物が好き

 
こんにちは
咲き終わったはずのキンモクセイがまた咲いていてびっくりしました。
二度咲きは負担が掛かったのか葉が黄色く散っている樹もあるようです。

ご機嫌いかがでしょうか…早速体調崩しています。 どうも碇山です。
 
 
今回はメッシュとパスとIKを使って動かしてみたいと思います。
詳しいところはこちらが参考になるかと思います。
   
– Mesh機能を学んでみる http://befool.co.jp/blog/kametama/spine-mesh1
– パス機能を使ってみる http://befool.co.jp/blog/ikageso/spine-path
– IK(インバースキネマティクス)を使ってみる http://befool.co.jp/blog/jun-nakada/spine-ik

はじめにメッシュを作りたいと思います。
メッシュを作りたい画像選択、出てきた項目にあるオプションの右隣のメッシュチェックを入れて
メッシュ編集クリック、メッシュを製作します。

チョウヤ
ウメッシュ

うねうねさせたいので舌のボーンを追加製作
キーボードのNを押すとショートカットでボーン製作になります。
4ボーン

一番右上にあるビューからウエイトを選んでウインドウを開き、
バインドクリック、ウエイトをさっきのボーンに割り当てます。
ウェイツ
 
 
次にパスです。  
パスを作りたいボーン選択してから新規クリック
出てきた項目のパスクリックしてパスを製作します。

パス
パスで

舌の4つのボーンを選択し新規クリックPath Constraintをクリック、
先ほどのパス適用させます。

敵よー

続いてはIKになります。
丁度作ってあったボーンを整えてIKに使います。
ボーン選択して新規をクリック、 IKコンストレイトをクリック、IKを製作します。
舌のボーンもIKのボーンもbodyのボーンの中に作ってます。

I KY
youKY
 
パスのウエイトをIKの二つのボーン割り当てます。

ウェイト

自動ができないので手動でウエイトの数値をいじって
何処がどれだけ何処に影響するかを決めます。

IK製作を後にして、パスのウエイトを先にした方が話が纏まっていて良かったですね;

手動で!デュエル開始!
 
完了しました。
あとはIKで動かして、パスで伸び縮みさせて、確認を兼ねたアニメーションを製作
舌画像の角張などはメッシュを細くしたりすれば軽減できます。

ベロンチョ

うん…キモくなりました。
前に「やっぱり動くと可愛らしいですね。愛着が湧きやすいです」と言ったな。あれは嘘だ。
洋画って観るたびに翻訳変わってる様な気がする…
 
話は戻して…
IKだと動かす時にまとまって動くので便利なのですが、一緒に動くので融通が利かないところが出てきそう……
足とかでない場合、ボーンのままの方が操作しやすい事もあるかもしれないです。

おつかれ様でした。
ここまで見てくれて、ありがとうございます。n(_ _m)
それではまた、どこかで (・ω・ノシ