PuPHPetでPHPローカル環境を作る(2)

ChainZ(クリエイター)
いろいろやってます。

Vagrant + PuPHPetで構築した仮想サーバーを簡単に管理する方法を紹介したいと思います。

sshポートを固定する

Vagrant毎回起動する時に、sshポートはマシンの使用状況によって変わるので、サーバーの管理には非常に不便です。まずsshポートを固定しましょう。仮想サーバーフォルダの直下にVagrantfileというファイルがあります。お気に入りのエディターで開いてください。

config.vm.box_url = "#{data['vm']['box_url']}"

(10行目あたり)の次に下記のコードを追記してください。

config.vm.network "forwarded_port", guest:22, host:2230, id:'ssh', auto_correct: true

host: 2230のところに、2230を好きなポートにしても構いません。

vagrant reload

でVagrantをリロードして、sshポートは2230に固定されます。

データベースに接続する

PuPHPetで構築した仮想サーバーのデータベースにアクセスする方法はいくつあるけど、ここで紹介したいのはSequel Proを使用してMySQLへのアクセスする方法です。

Sequel Pro

Sequel Prohttp://www.sequelpro.com/はMySQLを管理するクライアントアプリです。アプリは無料です。

Sequel Pro

Sequel Proを開いて、接続方法をsshほう式を選んでください。ssh接続情報に下記のテーブルを参考して入れてください。

項目 入力
host 127.0.0.1|
username vagrant |
secret /dot/ssh/id_rsa|
port 2230(例) |

secretのssh keyはpuphpet/files/dot/sshにあります。

MYSQL接続情報

項目 入力
host 127.0.0.1|
user root |
password 123 |

接続する前にお気に入りに追加して、save changesで設定を保存してください。初めて接続した場合は、ssh認証を保存するかどうかを聞いてくるので、はいって選択すればいいです。