ドット絵が3Dに!

ayumegu(プログラマー)
よろしくお願いします。

久しぶりにわくわくするアセットを見つけたので紹介
その名もPixel3D

なにができるの?

このアセット、一枚のどっと絵の画像から、3Dになります!
デモやAssetStoreのyoutubeを見るとよくわかるかと思います。

早速インポート

簡単に使ってみよう

画像は臼井の会のものを使用させていただいています。

まずは画像の設定を・・・
64pxで切り分けて・・・。

画像の設定

TextureTypeをAdvancedに
Read/Write Enabledにチェック
Alpha Is Transparentにチェック

これで下準備完了あとはシーン上に用意して・・・。
Component->Scripts->Pixel3D->Sprite3D

こちらScriptのインスペクター

  • Pixel ObjectPixel**:ドットのprefab(指定なしで自動もOK)
  • Material Pixel:ドットのマテリアル(指定なしで自動もOK)
  • Thickness:厚さ
  • Layer Offset:色の違いによるz軸の出っ張り具合
  • Pixel Scale:ドットのサイズ。1で通常0で非表示になる。0から1に徐々に増やしていけば素敵なフェードができます。
  • Color Blend Threshold:どれくらいの色の差ででこぼこさせるか。グラデーションないくっきりした画像なら0.1とかでいいけれど、グラデーションがあるような画像は大きくすると気持ち悪いことになる・・・。

とりあえず作成してみた

Pixel Scaleでアニメーションしてみたところ。
こちらの画像はぴぽやのものを使用しています

あ、、、

ちなみに先ほどのでSetPassが300超え・・・
多い・・・
一様私のネクサス7ではこれくらいはばっちり動いた。

原因は3D化されたときに大量のboxが・・・・。

デモのやつで色が少ないのはこの通りなので
色が多いものは大量に出せないかな・・・。
うまいことすればもっと小さくできるだろうか・・・。

そういえばUnity5になってSetpassになったけれど、スマホ向けならどれくらいを目標に作ればいいんだろう・・・。うーん

はい、今回はここまで〜