G2Uで言語対応してみる

ayumegu(プログラマー)
よろしくお願いします。

6月のLevel11ですごい安かったので購入したG2Uを使ってみる

何ができるかというと、Googleスプレッドシートを読み込めます。
アイテムや敵のデータなどのデータはもちろん言語対応に特に便利、ということで言語対応を今回はやってみる。
NGUI対応らしいのでNGUiの言語対応でやってみようかと思います

インポートしたところ

早速スプレッドシートを作ってみる

Google Drive
で新規にスプレッドシートを作成します。

データの書き方

1行目が変数名
2行目が型(NGUIのローカライズならこれいらないかもな・・・。)
それ以降がデータ。


まぁ簡単にこんな感じに。
シート上で翻訳できるのが楽です。

Unity上でログインする

Window->Google2uでウィンドウを表示

ウィンドウが2つでた。
右のウィンドウのLoginからログインする。


Sign in with googleを押してwebの方にいき、許可する


するとコードが表示されるのでOAuth Tokenに記載しログイン

無事ログインできました。

NGUI用ににファイルの書き出し

ログインの下のAccount WorkBookdsから作成したスプレッドシートを開きます

プルダウンの中身はいくつかありますが、今回はNGUIを使用して右下のファイルアイコンで書き出し。

ヒエラルキーにcsvが書き出されました。

中身はこんな感じのcsv

このファイルをResourcesフォルダ配下に配置して、下準備完了

レイアウト作成

簡単にこんなかんじで・・・

あとはUIRootとかにこんな感じのScriptをアタッチ

1
2
3
4
5
6
7
   void Start () {
      if (Application.systemLanguage == SystemLanguage.Japanese) {
          Localization.language = "Japanese";
      }else{
          Localization.language = "English";
      }
  }

こんな感じで分岐すればOK
ちなみにコードでローカライズされたテキストを取得するときは
Localization.Get(“TITLE”));
こんな感じでstringがかえってきます。

各ラベルにはUI LocalizeをアタッチしてキーはExcelで作成したキーをセット。

実行結果

とりあえず簡単に言語対応やってみました。
ここまで〜