Ferr2D Terrain Toolで遊んでみる

ayumegu(プログラマー)
よろしくお願いします。

今回はFerr2D Terrain Toolというアセットの紹介

なにができるかというと地形生成。
自動で間を保管してくれるのですばらしい、地形を作るのがあっというま!

インポートしたところ

Ferr/2DTerrain/Examplesのなかにサンプルのシーンがいくつか入っています。

とりあえず何かつくってみる

Create Physical 2D Terrainはあたり判定付きのもの
Create Decorative 2D Terrainはあたり判定のないもの
Create Terrain Materialは地形のマテリアルを作成します。

とりあえずマテリアルはいくつか用意されているので、早速あたり判定付きの方で作成してみます。


形の変更は簡単


ポイントをドラッグするかまたcontrol+shiftで複数のポイントを動かせます


shiftキーを押しながらクリックでポイントを追加でき、option+ポイントクリックでポイントを削除できます。 また小さな丸をクリックすると縁の種類を変更できます。

インスペクター

インスペクターの方で様々な設定ができます。

Visuals

テクスチャのサイズやUVのオフセット、表示順序などを設定できます

Terrain Type

Fill Type:

左上から
Closed、Skirt、None、Inverted Closed、FillOnly Closed、Fill Only Skirt
Fill Z Offsetで前後できます。

Collider

これがColliderの設定です。
上だけあたり判定をつけたり、あたり判定の微妙な位置調節や、
physicsをセットしたりできます。

さくっとこんな感じのものが作れます

Shader

素敵なのがついているshaderで、
ライトの影響を受けるものや、表面がアニメーションするものがあります。


アニメーションするものは一番下のWavyと書いてあるやつです。
ライトの影響を受けるのは上の方のlitmapと書いてあるやつ系です。

こちらWavyのShaderです。
葉っぱがアニメーションしているのがわかるかと思います。
x y軸の動く幅やスピードも設定できます。

ライトのシェーダーにし、
プレイヤーにライトつければちょっとした探検気分を味わえます。

今回はさわりの部分だけですがここまで〜〜。