QUBICLE 2.0 BETAで遊んでみた

ayumegu(プログラマー)
よろしくお願いします。

はい、今回は面白いツールを発見したので試してみます。

QUBICLE 2.0 BETA

なにができるかというと3Dドットのモデルがつくれます。
有料版ではfbxやobjファイルで出力できるみたい。 無料版では書き出しできないのですが、とりあえず今回はどんなものかさわってみます。

私はmac版のtrial版をとりあえず落としてみました。
起動したところ。

早速作ってみます
プラスのマークが新規作成なのでクリック

これが作成画面。
赤色がx軸 緑がy 青がz軸。

カメラ操作

  • マウスホイール:ズームインアウト
  • option+左ドラッグ:回転
  • option+マウスホイール押しながらドラッグ:移動
  • オブジェクトを選択してからF:オブジェクトにフォーカス(戻すときはオブジェクト以外をクリックしてF)

Matrixの作成

メニューのCreate->Empty MatrixからMatrixの作成をします。

ウィンドウが出るのでこれでサイズを指定

はい、できました。

次はこの中にドットをかいていきます

モデリング

先ほどのMatrixを選択してshift+qでオブジェクト選択状態にします。
そしたらデフォルトでは選択が3Dになっているので2Dを選択します。
2Dにすることで1列ずつドットをうっていくことができます

塗りつぶしてみたところ

試しにうしさんを作成してみます。
コピーペースとで選択したエリアを貼付けたりすることも可能です。

はい完成。

qキーでオブジェクト選択モードを抜けます。
保存するとメニューの一覧に表示されています。
選択することで前の続きから修正することができます。

画像をインポート

ドット絵の画像から作成することも可能です。
File->Import->画像の形式

画像がドットになって読み込まれます。

このままでは薄っぺらいので
Mdify->WorkArea->Resizeで奥行きを追加

そしたら列を複製して

列を複製したところ

あとは余分なところを削っていきます・・・。
いきなりどっとがでかすぎてめんどくさくなってしまった私・・・。
ここで飽きてしまうのであった。

とりあえず今回はいったんここまで〜w
次のときはキャラクターとかつくってみよう・・・。
使い勝手は操作が一通りわかれば簡単に扱えます。
普通の3Dツールと違って複雑な操作が必要ないので絵を描いていく感じです。

時間があるときにunityにれてうごかしてみたいな〜と思います。