Octopressへの投稿環境の作り方

木内智史之介(シャッチョー)
ミンカさんけっこんしてくださいおねがいします(ズザー
SEGAさん、DIVAの筐体ください(ズザー

前置き

このエントリーは、Octopressのセットアップに関する記事ではありません。
Octopressを共同編集するにあたっての、個人環境構築に関する記事になります。

準備作業

ruby 1.9.3以上のインストール

1
2
$ ruby --version
ruby 1.9.3p374 (2013-01-15 revision 38858) [x86_64-darwin12.2.1]

もしバージョンが低かったり「no such command」とか言われちゃう場合は、この際なのでrbenvを導入しちゃいましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
# まずはrbenvのインストール
$ brew install rbenv ruby-build
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

# 1.9.3p374をインストール
$ rbenv install 1.9.3-p374

windowsの人は

cygwinでもインストールしてみて!

Octopress環境を構築しよう

「befool-inc/befool-inc.github.com.git」のclone

1
2
3
4
$ cd path/to/workspace
$ git clone git@github.com:befool-inc/befool-inc.github.com.git
$ cd befool-inc.github.com
$ git checkout -b source origin/source

依存ライブラリの取得

1
2
$ gem install bundler
$ bundle install

rakeタスクの確認

Octopressのrakeタスクが一覧されるか試してみましょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
$ rake -T
rake clean                     # Clean out caches: .pygments-cache, .gist-cache, .sass-cache
rake copydot[source,dest]      # copy dot files for deployment
rake deploy                    # Default deploy task
rake gen_deploy                # Generate website and deploy
rake generate                  # Generate jekyll site
rake install[theme]            # Initial setup for Octopress: copies the default theme into the path of Jekyll's generator.
rake integrate                 # Move all stashed posts back into the posts directory, ready for site generation.
rake isolate[filename]         # Move all other posts than the one currently being worked on to a temporary stash location (stash) so regenerating the site happens much more quickly.
rake list                      # list tasks
rake new_page[filename]        # Create a new page in source/(filename)/index.markdown
rake new_post[title]           # Begin a new post in source/_posts
rake preview                   # preview the site in a web browser
rake push                      # deploy public directory to github pages
rake rsync                     # Deploy website via rsync
rake set_root_dir[dir]         # Update configurations to support publishing to root or sub directory
rake setup_github_pages[repo]  # Set up _deploy folder and deploy branch for Github Pages deployment
rake update_source[theme]      # Move source to source.old, install source theme updates, replace source/_includes/navigation.html with source.old's navigation
rake update_style[theme]       # Move sass to sass.old, install sass theme updates, replace sass/custom with sass.old/custom
rake watch                     # Watch the site and regenerate when it changes

こんな感じで表示されればOKだ。

記事を書いてみる

箱形の作成

まずは記事を書くための箱形の作成を行います。

1
2
3
$ rake new_post['foo bar zoo']
mkdir -p source/_posts
Creating new post: source/_posts/2013-05-01-foo-bar-zoo.markdown

markdownの編集

markdown形式で記事を書きます

1
$ vi source/_posts/2013-05-01-foo-bar-zoo.markdown

プレビュー

Octopressではローカルで記事のプレビューが可能です。

1
2
3
4
5
# 公開用ファイル群を生成
$ rake generate

# プレビュー
$ rake preview

WEBブラウザを開いて、「http://localhost:4000/」へアクセスしてみてください。
表示されましたか?

デプロイ

当たり前の話ではありますが、ローカルで記事を書いただけではWEB上に公開されません。
Octopressはgithubへのコミットまで面倒を見てくれます。

始めてデプロイする場合

1
2
3
4
5
# 本来であれば
# rake setup_github_pages
# で_deployディレクトリを作成するべきだが、最初の記事の作成などもおこなってしまうためにcloneで対応
$ git clone git@github.com:befool-inc/befool-inc.github.com.git _deploy
$ rake deploy

すでにデプロイに成功している場合

1
$ rake deploy

これで、記事がWEBに公開されました!おめでとう!